その他の最近のブログ記事

そろそろ新月期が近づいてきた。
しかし天候が悪い。
あまり撮影できるチャンスがない。
そのためブログのネタにも困っている。

撮影時間が0時から3時だとしても
夏の天体は東天にあり、なかなか高度が稼げない。
思うように撮影できない日々が続いている。

5月なのに気温が低い

| コメント(0) | トラックバック(0)

昼は流石に暑いが、夜は寒い。
特に天気がいいと放射冷却でさらに気温が低下する。
夜は5月でも自宅の部屋は10度台前半で何かを着込まないと寒い。
リモート先の場所は、一桁台の気温で真冬並みの気温だ。

5月ってこんなに寒かったかな?
夜は寝ている日のほうが多いので気付いていないだけかもしれないけど。

しかし、5月下旬になってやっと暖かくなってきた。
それでも現地気温は、深夜で15度くらいだ。

睡眠不足は目に悪い

| コメント(2) | トラックバック(0)

老人になると、まず目が悪くなる。
左目がおかしいので、右目を酷使する。
調子がいいと問題はないが、調子が悪いと目がしょぼしょぼして
パソコンの画面が見にくくなる。

調子のいい悪いは、睡眠時間にある。
睡眠時間が長いと調子はよく、睡眠時間が短いと調子は悪い。
いつもは夜8時には寝てしまう。
老人は早寝早起きだ。
ところが、天気がいいとずっと起きて撮影する。
こうなると目にくる。

最近は天気がよさそうなときは、
夜7時に寝て夜11時か12時ごろに起きて撮影する。
午前3時過ぎには撮影をやめてまた寝る。
こうすると調子は悪くならない。

天気がいい夜は撮影する。
ガイドの状態を見て監視しているが、
ガイドは良くなったり悪くなったりする。

ガイドの監視も飽きてきたので、
最近は録りためたテレビ番組を、ガイド画面の横に並べて見ている。

テレビ番組といっても、主にBSか、
NHK-BSだと、英雄たちの選択、グレートトラバース、ヒューマニエンスとかだ。
・英雄たちの選択:司会役の磯田道史の話がよい、
 ナレーションは孤独のグルメの人
 ヤマザキマリとか中野信子とか里中満智子がたまに登場する
 うさんくさい東大准教授の本郷和人は出ないのでよい
・グレートトラバース:もう終わったが、登山をするだけの内容
・ヒューマニエンス:テーマ曲が King Crimsonの「21世紀の精神異常者」
 音楽はKing Crimsonが好きな人がやっているようだ、織田裕二はどうでもいい
他には、孤独のグルメとか、ミステリと言う勿れとか。

ミステリと言う勿れは、今年の1月~3月にかけての放映だった。
この番組の主題歌「カメレオン」が番組終盤に流れるのだが、
かなり高音の歌声なので女が歌っているのだろうと思っていた。
ところが、実は男が歌っていたのだと昨日わかって驚いた。

Youtubeの映像を見ると、丸い眼鏡をかけた髭面のあんちゃんだった。
高音部は裏声で歌っているのだろうけど、女の声に聞こえたのだ。
どうも老人になって耳が悪くなったのか、認知症になったのか。
(平井堅の歌声は男の声だとしか聞こえないが)

ミステリと言う勿れは、音楽が凝っている?ように思う。
有名なクラシックの名曲がふんだんに使われている。
バッハ、ヴィバルディ、モーツアルト、等々。
それらが場面場面で効果的に流れてくる。

吉高由里子の紫式部

| コメント(0) | トラックバック(0)

2024年の大河ドラマは、紫式部(演じるのは吉高由里子)。

おいらの地元、福井県越前市(旧福井県武生市、たけふ)とはかかわりが少しある。
紫式部が幼少のころ、越前国の国府の役人として
藤原道長の命により、父・藤原為時と一緒に越前国府(今の福井県越前市)に来ていた。

紫式部は、
「こんなクソ田舎はいやじゃ、雪もいやじゃ、早く都に帰りたい」
と、ぼやいている。

2024年には北陸新幹線が福井県敦賀まで開業することもあり、
地元では大いに盛り上げる?かどうかはわからない。
福井県越前市には、新幹線の駅「越前たけふ駅」は建設中だが
はっきり言って、見るべきものはない。
(紫式部公園とか紫式部の像はあるけど)

騙されて来訪して来ても仕方がないので、当地のB級グルメを紹介する。
ボルガライス

越前おろしそば

■ソースカツ丼だけど、この店ではボルガライスや越前そばも全部食べられる。
越前武生 福井3大グルメ&ソースカツ丼で満腹、大満足の江戸屋

天文屋の心技体

| コメント(2) | トラックバック(0)

心技体とは相撲をはじめ、スポーツ関連でよく使われる言葉だ。
精神力(心)・技術(技)・体力(体)の総称となる。

天文屋に例えるのは無理があるが、
心:英語で云うところの、Mind, Motivationで、
  分かりやすく云うと、やる気とか向上心といったところか
技:Technology, Software で文字通り技術
  ただし、天文屋においては
  撮影技術、画像処理技術、工作技術、機材調整技術と多岐にわたる
  遠征派なら遠征に関する様々な技術が必要だ
体:Equipment, Hardware 機材に相当する
  スポーツや格闘技ではないので体力を必要とはしない
  機材と考えればいいと思う
この3つがバランスよく合わさって一人前の天文屋になれる。

おいらの場合、
心:かなりむらがある、やる気のない時も多い
  リモート撮影体制になり、やる気は高まりつつある
技:撮影技術はあると思うが画像処理技術はだめだ
  工作技術は全然ない、機材調整技術はそこそこ?
体:何といえばいいのか?
  心技体の中では一番まともだが、宝の持ち腐れともいう
こうしてみると、バランスが悪い、技がダメだな。

カムカムエブリバディで松重豊さん演じる伴虚無蔵の名言
「日々鍛錬し、いつ来るともわからぬ機会に備えよ」
何よりも日々の鍛錬が重要だ。

RGBをフィルター変えて撮影して合成するのが面倒だ。
2つの鏡筒を並べてモノクロとカラーカメラで撮影できると効率はよい。
しかしそんな贅沢なことは現状では無理。
カメラだけを電動で交換できるといいがそんなものはない。
フィルターを変えながらちまちまと撮影するしかない。
となると結果的に一つの対象を多く枚数稼ぎにならざるを得ない。
老後の暮らしにはこれはこれで構わないが、
もっと効率化できないか?とも思ったりする。

リモート撮影できるようにして、凄く効率化できたのに
まだまだ贅沢なことを考えてしまう。
人間の欲望には限りがない。

春の最後はM101かNGC5907か

| コメント(0) | トラックバック(0)

春の銀河は赤経の11時~12時前後が多い。
春の銀河の中でも、赤経が大きいというか後ろというか、
M101は、赤経 14h03m32
NGC5907は、赤経 15h16m08
最後を飾るのはこの両者あたりか。

見栄え的には、大きくてフェイスオンのM101だな。
こいつで締めくくりたいが、天候的に
撮影のチャンスがもうないかもしれない、、、orz

春のフェイスオン3大銀河(と勝手に命名)として
M51, M101, M106が挙げられる。
M101は少し撮影したものはあるが不十分なのだ。
こいつをまともに撮影して春は終了としたいのだがな。

コウノトリのヒナが誕生

| コメント(0) | トラックバック(0)

ドームから300m東にあるコウノトリの巣で、今年もヒナが誕生した。

3月から通行止めの看板は周辺にあちこち出ているが、
それでも近くの道路にはカメラマンがたくさん並ぶだろう。
ドームのメンテナンスや草刈りに行くのにあいつら邪魔なんだけど。
そこまでして写したいものなのか?

同じ県内で、小浜市でも昨年に続きヒナが誕生した。
さらに、鯖江市でも初めてヒナが誕生した。

三寒四温ならぬ三寒四暑

| コメント(0) | トラックバック(0)

3月下旬に春になったかと思ったらもう夏だ。
と思ったら急に寒くなった。

日本の季節は冬と夏の2極化だ。
春:3月下旬~4月中旬
夏:4月下旬~10月中旬
秋:10月下旬~11月中旬
冬:11月下旬~3月中旬
こんな感じだと思うがどうだろうか。

寒い冬よりは暑い夏のほうが好きなので
これで別に構わないが温暖化は良くない気もする。

四国旅行(4)帰路

| コメント(3) | トラックバック(0)

足摺岬から宿に戻る。
近くの店で夕食。

20220415_1.jpg
夕食はこれ。

20220415_2.jpg
高知県なら、やはり「カツオのたたき」ですな。

翌日、4/10(日)、天気は快晴。

今回の一番の目的は、ヨサク西コースの制覇であり、目的は十分達成した。
後は帰るだけだ。

どうやって帰るか、悩んだが広島に寄って行こう。
四国の西側から北上する。
宿毛から宇和島、松山、今治を通り、しまなみ海道へ。
広島県に入り、尾道からネモフィラが見頃となった世羅高原へ。

20220415_3.jpg
ネモフィラが満開だ。

20220415_4.jpg
ネモフィラの花はこんな感じ。

後は帰宅する。
山陽道を通り、中国道に入り、舞鶴若狭道へ。
舞鶴若狭道に入るとやっと帰ってきた気分になる。
ここは兵庫県で、自宅まで200Km、2時間かかるが不思議なものだ。

4/10の走行距離は750Km。
平均燃費 26.7Km/L

四国旅行(3)酷道439

| コメント(0) | トラックバック(0)

四国カルストから降りて、再び高知県側、国道439、ヨサクへ戻る。
この辺りから、ヨサクは酷道へと本性を現す。

20220414_1.jpg
こんな感じで、車が1台やっと通れるような細い道だ。
人家はあるので、生活道路ではある。
こんな所にも人が住んでいる。

20220414_2.jpg
人里を離れるとこんな感じ。
狭い道だが、対向車はあり、そのままではすれ違いが出来ない。
でも20台程度はすれ違ったかな。

所々に待避所みたいなところがあり、
どこにあったかを記憶し、バックするとしたら何mかを把握しておく。
対向車が来たら、待避所が近ければすかさずバックしてすれ違う。
酷道マニアいわく、「譲られたら負け」だ。

地元の人も慣れたもので、お互いに阿吽の呼吸で
譲ったり譲られたりしてどんどん進んでゆく。
初心者は入ってはならない。

20220414_3.jpg
道端にあった看板。
ヨサクは四万十川の支流の一つに沿って進んでいく。
しかしその支流もダムだらけだ。

20220414_4.jpg
こういった細い道が延々と続く。
雪は降らないだろうから、標識はまっすぐに立っている。
酷道157,481,482などは、豪雪で標識がねじ曲がったりひしゃげたりしている。

四万十町付近では、道が広くなるが、
四万十町から四万十市へのヨサクは、また狭くなり、
山を越えるため狭いしカーブが多い、見通しが悪く、待避所も少なく
対向車が来たらどうしようもない。
ここがヨサク西コースの神髄だ。

この区間は人家もなく、対向車もなく、バイクが2台いた。
奴らも県外ナンバーで酷道ファンと思われる。

そして、夕方5時、ようたくたどり着いた四万十市(旧中村市)。
ヨサクの終点だ。
そして、ここには宿を手配してある。
もちろん、ヨサクの終点だからこそ、ここに宿をとった。

四万十市中心部は、四万十川の河口付近に位置する。
最後の清流といわれてはいるが、それほどきれいな川ではないようだ。

初めて行ったヨサク西コース、酷道を十分に堪能した。

夕方、まだ時間はあるので、足摺岬へ向かう。
四万十市から約40キロと遠く、小一時間かけていく。

20220414_5.jpg
足摺岬に到着した。
中浜万次郎(ジョン万次郎)の銅像がある。

20220414_7.jpg
展望台から見た足摺岬の灯台。

20220414_6.jpg
足摺岬の灯台とは反対側。
どちらも断崖絶壁だ。

四国最南端、陸の孤島で最果ての地だ。

本日の走行処理、800Km。

四国旅行(2)四国カルスト

| コメント(2) | トラックバック(0)

次は四国カルストへ向かう。
国道439から国道33で愛媛県へ出て、林道を上っていく。

20220413_1.jpg
林道を上り詰めると、天文ドームのある立派なホテルがあった。
ここのレストランで昼食。
一番高い料理が1500円程のステーキ御膳だったかな?
観光地にしてはぼったくり価格ではなく良心的な価格だと思い
ステーキ御膳を注文。

20220413_2.jpg
この画像の中央上、山頂付近が四国カルストだ。

20220413_3.jpg
天気はよいが、遠くはかすんでいる。
笹原に石灰石がごろごろしている。
カルスト地形にありがちなドリーネはなさそうだ。

20220413_4.jpg
四国の西側はなかなか訪問しにくい場所だ。
二度と来れないかもしれないだろう。

四国旅行(1)仁淀ブルー

| コメント(0) | トラックバック(0)

4/9から4/10にかけて四国旅行に行ってきた。

4/8(金)は快晴だったが撮影なしで寝る。
4/9(土)、午前3時過ぎに起きて準備。
自宅では、快晴で、ちょうどさそり座が南中
夏の大三角や天の川がうっすらと見える。
はくちょう座からいて座の天の川や南斗六星もはっきりと見え、
自宅でこれだけ見えるのは珍しい。
自宅でこれだけならドームの場所ならもっと濃い天の川が見れたはず。
惜しいことをしたが仕方がない。
四国へ向けて出発する。

北陸道から舞鶴若狭道を通り、6時には中国道へ。
西日本方面はいつもこのルートだ。
京都・大阪の混雑ルートを迂回できるのが良い。

自宅付近は桜が満開だが、中国道までは同じく桜が満開だ。
こぶしや山躑躅もきれいに咲いている。

中国道からは逆方向だが大阪方面へ。
新名神に入ってすぐ山陽道で岡山方面へ。
本当はがらがらの中国道を走りたいが、あえて混雑する山陽道へ。
仁淀ブルーを見たいがために、あえて最短コースを行く。
やはり山陽道は混んでいた。
走行車線は遅いトラック、追い越し車線は走行車線が遅いからこそ
110-120でかっ飛ばす車が多く走りにくい。
これは名神や東名も同じだが混雑する割に流れが速くて走りにくい。

岡山へと進むにつれ、桜は散り始めていく。
このあたりの桜はもう終わりのようだ。

瀬戸大橋を渡り四国へ。
天気は快晴だが、かすんでいて透明度が悪い。

高知道に入り、高知県へ入って10:30頃、大豊ICで降りる。
ここまでは来たことがあるが、ここから西や南は行ったことがない。
標高の高い所では桜が咲いているが、標高の低い所では桜は散っている。

大豊ICで降りたら国道439を西方向に進む。

この国道439、日本3大酷道(418,425,439)の一つで、通称ヨサクだ。
 国道418:福井県大野市~長野県飯田市
 国道425:三重県尾鷲市~和歌山県御坊市
 国道439:徳島県徳島市~高知県四万十市
ヨサク高知県側(西コース)を早明浦ダムの脇を通り仁淀川町へ向かって走るが、
酷道ではなく、立派に整備されたまともな国道で拍子抜けした。
しかし走りながらよく観察すると、旧道らしい細い道路があちこち残っている。
昔はこの細い道路で本当に酷道だったのだろう。
ヨサクの神髄は徳島県側のヨサク東コースにあるのかと思った。
(実際はヨサク西コースもその後は、酷道てんこ盛りであったのだが)

お昼前に仁淀川町には到着したが、
実際の仁淀川はダムばかりで仁淀川では仁淀ブルーはもう見れない。
仁淀川の支流にいくつかある仁淀ブルーのスポットへ行く。
快晴でお昼ごろ、ちょうどよい時間、これで仁淀ブルーが見られるはず。

20220412_1.jpg
これが仁淀ブルー(だと思う)。

20220412_2.jpg
散った桜の花びらが大量に流れている。

20220412_3.jpg
駐車場はおいらの車だけ、他に客はなく貸し切り状態だった。
桜が散ってしまったからか?

キエフかキーウか

| コメント(0) | トラックバック(0)

ウクライナの首都をキエフからキーウに変更する動きがある。

ただし、ムソルグスキーの「展覧会の絵」の最後の曲である、
「キエフの大門」はそのままにして欲しい。
大門は"たいもん"と読む。

「展覧会の絵」の出だしの「プロムナード」は有名なので
誰もが聞いたことのある曲だ。

ところが「キエフの大門」となると知らない人が多数だろうけど、
「何これ珍百景」でチャラチャラの音楽が流れて珍百景の場面になる、
あのチャラチャラの曲が含まれているのが「キエフの大門」だ。

「キエフの大門」の曲の流れは、
「キエフの大門」のメインテーマで始まり、
途中略、
「プロムナード」が少し登場して、
「何これ珍百景」のチャラチャラが流れて、
最後に「キエフの大門」のメインテーマで終わる。

「何これ珍百景」のチャラチャラは、
最後のメインテーマへの前振りなのだ。

20220411.jpg
40年ほど前、まだ消費税が存在していない時代に
ムソルグスキーの「展覧会の絵」のピアノ楽譜を練習のため買ったことがある。
なぜか今も手元にあり、「キエフの大門」の所を数十年ぶりに開いてみた。

日本語では書いていないが、
上段:ドイツ語?、Kiew
下段:フランス語?、Kiev
どう発音するのかよくわからない。

20220411_1.jpg
日本語の解説の部分は当時の読み方で「キエフ」とある。

たまには出かけるか

| コメント(0) | トラックバック(0)

以前は毎日仕事場へ車で通っていた。
その時は、土日くらいは家でゆっくりごろごろしたいと思っていた。

今はというか2年前から在宅で仕事をするようになったら
ずーっと毎日家に閉じこもっているので、どこかへ出かけたくなる。
コロナは収まってはいないが我慢の限界だ。
というわけで、明日から四国へ行って四万十川を見てくる。

お気楽でやっているけど

| コメント(0) | トラックバック(0)

どうも天気が悪い。
晴れていても薄雲がある。
4月は撮影できていないまま、月が大きくなってきた。

我武者羅にやっているわけではなく、
お気楽気分で、晴れたら撮影するか、という気分でやっている。
晴れないなら仕方がない。

やっと冬が終わった

| コメント(4) | トラックバック(0)

3月の上旬は寒い、冬だ。
しかし下旬になると、かなり暖かくなってくる。
実際、3月下旬は靴下を履かなくても過ごせるようになった。

ところが、4月に入って、4/1, 4/2, 4/3 と寒かった。
暖房器具を片付けなくて正解だった。
しかし、もう寒いのは終わりだ。

桜の満開はこれからだ。

ワーケーション

| コメント(2) | トラックバック(0)

今も在宅ワークをしているが、ワーケーションもやろうと思えばできる。
携帯スマホの電波が届くことが前提だが、
余程の山奥でない限りは大丈夫だろう。

昼は仕事をして、夜はうまいものを食って
(こっちの)天気が良ければリモート撮影もできるだろう。
コロナが落ち着かないので難しいが、
近場、近県の温泉地にでも行きたい。
できれば秋田・乳頭温泉で1週間ほど滞在したいのだが。

ところで、ワーケーションなる言葉ができて、認知もされたようだが
実際にやっている人はいるのだろうか?
ゼロではないと思うが、それほどいるとは思えない気がする。
交通費や滞在費は会社持ちではなく、自己負担だろうと思うと
お金をかけてまでやろうとは思わないのだろうな。

円安

| コメント(2) | トラックバック(0)

もう昔のように1$=100円を切るような円高にはならないだろう。
これからもどんどん円安になる方向で進むと思う。
1$=130-140円あたりは行くかもしれない、というか行くだろうな。

こうなるとアメリカ製の商品はもう買えない。
円安以外にも、アメリカの物価が10年以上前と比べて
2-3倍程度にはなっているのではないかと思う。
クロマのフィルターセットが30万とか40万とかしているけど
アストロドンだって、10年以上前はもっと安かったのだ。

昔に買っておいてよかったのは、
アストロドンのフィルターとFLIのフォーカサーかな。

そういえば、昔、ParamountME赤道儀を買おうかと思ったことがある。
確か12,000$で安売りしていたのだが、今から思うと
あの時に買っておけばよかったかなと。
今頃嘆いていても時間の無駄だけど。

こうなることがわかっていればドル資産にしておくべきだったな。

今年もコウノトリが巣作りしている。
卵を産んだかどうかは不明だ。
近くの道路は数光度目の看板ばかり。
ドーム北側の真下の道路も通行止めの看板が設置された。

毎年、同じペアがヒナを育てて巣立っていく。
今年もそうなるとよいがな。

花粉症

| コメント(0) | トラックバック(0)

花粉症の季節がやってきた。
目がかゆい、鼻がずるずる、くしゃみ頻発、やれやれだ。

日曜日の夜に晴れてもねえ、あまり遅くまでは頑張れない。
在宅ワークとはいえ、仕事はしないといけないので、
頑張っても1時あたりまでか。
とりあえず、M106のRGBは撮影した。

今年の雪

| コメント(2) | トラックバック(0)

2022207.jpg
今年は雪は降るが、あまり積もらない。
降っては融け、降っては融け、の繰り返しだ。
これがちょうどよい。

振ってばかりだと、交通がマヒする。
少し降って、融けて、の繰り返しがちょうどよいのだ。

日本海側の冬のつらさは、
太平洋側の人にはわからないだろうな。

つかの間の無職

| コメント(0) | トラックバック(0)

やっと引退して静かな老後人生を満喫していたが、それも終わりだ。

今までとは全く違う別の会社からオファーがあって、引き受けることにした。
1年ほど前にコンタクトがあったが、
2022年3月までは契約があるから無理だと断っていた会社だった。
この会社のことはすっかり忘れていた。

おいらもいきなり老後の資金に手を出すという暴挙に出た後ろめたさもあって
罪滅ぼしのためにも引き受けた。
おいらとしても在宅でやるという条件をつけて(コロナのお陰だな)
仕事と趣味を両立できそうな体制にした。

せっかく無職という自由を手に入れたが、ほんの一瞬だったかな。
仕事を受けたといっても1,2年で終われそうな感じだと思う。
老後の資金も余裕はできるはずなので前向きに考えよう。

観音様に縋る

| コメント(4) | トラックバック(0)

今は無職である。
仕事をせずに家でぼーっとしている。
正月休みが長く続いているようなものた。

正月もあわただしく、
初詣に行く
実家に行く
県外から帰省した子供を車で送る
檀家を集めたお寺の集会に行く

天気は良くない。
今日も雪が降っている。

お寺のことも正直どうかと思うが
田舎だから同行(同じお寺の檀家衆)のしがらみもあり
お寺の行事に参加せざるを得ないのだ。
実際お寺には爺さん婆さんばかりで、おいらも爺さんの仲間入りだ。
寿命が残り少なくなるとお寺様や仏様に縋るようになるのだろう。

お寺では、お経様(観音経と般若心経)をあげた。
教本には読み仮名が振ってあるのでそのまま声を出して読めばよい。
般若心経は短い(5分もかからない、RGB1枚撮影よりも短い)が
観音経は長い(L画像は1枚10分を基準としているが、3枚程度か)。
観音経は念彼観音力(ねんぴーかんのんりき)という語句がやたらたくさん出てくる。

仏様の前でお経様をあげることは、
精神を清らかにし心を安定させ煩悩から解放するものと思っていたが
心は揺れ動き、煩悩は断ち切れなかった。

ASI6200MM Proの感度はよさそうだから、銀河にも散光星雲にもいいだろうし
感度の良さを生かしてビニングなしにするか、2xビニングを基本にするか
だったらRGBは4xビニングで撮影時間をもっと短縮できるかも
STLは画像の転送時間が1分近くかかったけれどもASIのカメラは数秒らしい
ナローの撮影をしたとして、ナローの画像処理はどうするのか
オフアキ用のガイドカメラも必要だし、ガイドはMaxImDLでやるかPHD2でやるのか
そういえばガイドケーブルはどうするのだろうか
などと、お経様を読みながら煩悩にまみれていた。
これではいかんな。情けない、精進が足りぬ。

念彼観音力(ねんぴーかんのんりき)とは、苦境に陥った時に観音菩薩を信じて一心に「観音力」と念ずれば、観音様が現われてその力を以ってたちどころに苦境から救って下さるというありがたいお言葉なのだ。
カメラの購入について悩んでいるのは苦境なのか?とは思うが、
観音菩薩を信じて一心に「観音力」と念ずれば観音様のお力で苦境から救って下さるのだ。
観音様のお力を信じてカメラの購入をしてみようかとも思う。

老後の過ごし方(4)

| コメント(0) | トラックバック(0)

新年2022年のスタートだ。

連日の雪で、空を見ると気分は沈むが、
心は実に快晴のごとく晴々だ。
仕事に縛られない、自由な老後の生活のスタートだ。
とはいえ、雪ばっかりのこの天候では出歩く気分になれない。
のんびりとお正月を過ごす。

老後の過ごし方(3)

| コメント(0) | トラックバック(0)

来年、行ってみたいところ。

■秋田の乳頭温泉
■岐阜・長野、野麦峠
■島根・山口の日本海側沿い
■四国カルスト
■三重・奈良・和歌山、R425
■四国、R439

全部とはいかないけど、行きたいところはたくさんある。
どれだけ行けるかな?

老後の過ごし方(2)

| コメント(0) | トラックバック(0)

4月以降になると思うが、旅行には行きたい。
海外ではなく国内で、
近場の岐阜や長野の山間部に行きたい。
雪解けを待って5月6月ごろが一番いい季節だと思う。

毎日グーグルマップを眺めて、この道路を走ろうとか
この場所から見る景色は素晴らしいだろうな、とか想像するのも楽しい。

岐阜県高山からR361を南東方向に走る。
そこからそれて野麦街道や野麦峠に行きたいと思っている。
その後は木曽街道に合流し、R19で奈良井宿・塩尻方面か
木曽福島・妻籠宿方面かで迷う。
塩尻方向に向かうと、国道沿いに「食堂SS」があるではないか。
これテレビで見たことがある。
昭和の雰囲気の食堂だが、おっちゃんが駐車場の掃除をしていたような、
そんな番組だったかな?
グーグルマップのコメントでもテレビ番組で有名になったとか
書かれているのでそこで間違いはない。

他にも御嶽山の周辺とか、道は険しいがよさそうな場所はいくらでもある。
グーグルマップを眺めていても飽きない。

老後の過ごし方

| コメント(0) | トラックバック(0)

定年退職した人の動向を調査した話として、
しばらくは旅行や遊びを満喫するが、
半年や1年で飽きてきて、
また仕事に復帰する人が多いのだとか。

まだ引退もしていないし、そういった状況になく、
その心境もわからない。
実際には半年や1年経ってみないとわからないが、
その時はどう思うのだろうか、と引退する前から考えている。

残り3日

| コメント(0) | トラックバック(0)

残り3日で今年も終わる。
と同時に、今仕事をしている会社との契約も満了する。

というわけで、引退する。
今流行のFIREではなく、リタイアだ。
来年からは毎日が日曜日だ。

さあ、何をするか?
といっても冬で天気は悪いので出かける気にはならない。
朝から画像処理をするかな、と。

クリスマスの思い出

| コメント(0) | トラックバック(0)

今から50年以上前、小学校のころ、
クリスマスは年に一度のスペシャルな日だった。
クリスマスケーキを食べるのが最大の喜びだった。
クリスマスの本来の意味を知らず、
異国のお祭りか何かで(その一週間後には正月で餅を食べるので)
ケーキを食べるのがクリスマスだと思っていた。

当時の我が家は貧しく、両親はクリスマスケーキなぞは絶対に買わない。
ただ母と親しくしていた親戚は、おいらたちのために
毎年クリスマスケーキを買ってくれていたのだ。
このケーキがどれほどうれしかったか、今も鮮明に記憶に残っている。

うちの子供が小さい頃は、ケーキを買ってケンタを買って、
枕元にプレゼントを置いた。
でも子供も大きくなり、何もしなくなった。

今年のクリスマスも、何も買わずに、何もせずに過ごした。

土日は空しい気分だ(4)

| コメント(2) | トラックバック(0)

雪が降りだすと、ますます気分が滅入ってくる。
12月ともなると、なんやかんやで忙しくなる。
土日も雑用が増えて、あっという間に過ぎ去ってしまう。
のんびりと画像処理やっている暇がない。

こうやって気分が滅入っているときは、
何か楽しいことを考えることが重要だ。

で、楽しいこととは何かを考えていると、
新しい機材を買うのはどうか?と。
実際に行動に移すまでではないが、妄想をするのは結構楽しい。

まずは赤道儀だな。
ツイン鏡筒にも耐えられる大型の赤道儀が良い。
ツイン鏡筒とはいっても、今の鏡筒はもう一つ買うには難易度が高すぎる。
おそらく無理だろう。
他社製で似たようなスペックなら可能だろう。
そうするとカメラも必要だな、と妄想している。

月に一度の贅沢?

| コメント(0) | トラックバック(0)

毎日引きこもっている。
土日にちょっと出かけるくらいか。

食事は家族が作るので外食はほとんどしない。
ただ、月に一度くらいは家族の都合で食事の用意ができないことがある。
その場合に一人で外食に行く。
自分で何か作って食べてもいいのだが、外に出たい気持ちが強い。

やはり行きやすいのが牛丼屋。
牛丼が月に一度の贅沢だ。
牛丼屋ではなく、かつやだったり中華屋だったりもするが。

月に一度の贅沢といってもお金に困っているわけではない。
毎日牛丼やカツ丼を食っても懐は痛まないが、
月に一度程度の外食が何となくうれしいだけだ。

ラズパイ4と格闘

| コメント(0) | トラックバック(0)

TV録画のためにラズパイ4で組んでいるが、
モジュールを最新にアップデートして嵌った。

Mirakurunはいいとして、EPGStationで嵌った。
git clone後、npm run all-installを実行後、
画像のように、mpn audit fix --force をやれということで
mpn audit fix --force を実行したら、ビルドが悉く失敗する。
20211221.png

エラーを探りエラーをfixすると、別のエラーが発生する。
これの繰り返しで嵌った。
node の module がたくさんあって、
微妙なバージョンの上に成り立っていたのが
その一つが崩れだすと整合性が合わず収拾がつかなくなる。

結局、EPGStationをまるごと削除して最初から入れ直しだ。

20211221_2.png

ワーニングが出ても気にせず、最小の手順のみで、ようやくビルド終了。
node.jsを使ってwebアプリを作るのはおいらにとっては専門外で何もわからない。
余計な事は何もしないのが一番だ。
年末のくそ忙しいときに、余計な事をしたおかげで、余計な時間をとられる。
やれやれだぜ。

新しいEPGStationはバージョン情報を出すようになったのだな。
20211221_3.png

とうとう雪が

| コメント(0) | トラックバック(0)

20211220.jpg

雪で真っ白、こうなるともう撮影はだめだ。
車のタイヤはスタッドレスに換えてはある。

雪のない地域に住みたい。

丸亀製麺

| コメント(0) | トラックバック(0)

人生で初めて、丸亀製麺に行った。
はなまるうどんには一度も行ったことがない。
食わず嫌いというわけでもないのだけど、
うどんより蕎麦なんだわ。

丸亀製麺が初めてでも、仕組みはわかりやすい。
うどんを頼んで、てんぷらとか好きなものを選んで、
会計して、出汁をかけてねぎを入れて、席について食べる。

味はまあまあか。
うどん県で食べたうどんがおいしいとは思うが、
まずくもないし、たまに食べるにはいいかも。

一人で外食すると、牛丼屋になる場合が多いけど、
それは牛丼屋が行きやすいから。
丸亀製麺は牛丼屋よりも遠い。

晴れ間はあるのだが

| コメント(0) | トラックバック(0)

12月に入っても、晴れ間はある。
夕方、快晴だと、リモートで接続してスリットを開ける。
しかし、長続きしない。

撮影途中で曇られる。
ピント合わせしている間に曇られる。
全然ダメだ。

そのうちに、月も大きくなってきてもう駄目だ。
今年の撮影は終わった。

11月の使用量

| コメント(0) | トラックバック(0)

20211208.jpg

11月はかなり使ったけれども、通信量は約8GB。
過去最高の使用量になった。

12月からは月間7GBに容量を減らした。
冬で撮影もできないだろうと思ってだ。
前月分の繰り越しもあるというか使い切れていないので
これでも問題はないと思っている。

大神神社へ

| コメント(0) | トラックバック(0)

20211206.jpg
先週末は、奈良県桜井市、大神神社(おおみわじんじゃ)へ参拝しに行ってきた。
三輪そうめんで有名なところ。

毎日引き籠ってばかりだから久々の外出だ。
車で行ったが、カーナビの地図が古く(といっても6年前)
新しい道やICがあっても対応してなくて混乱した。
スマホと併用すると、お互いに違う指示を出すので余計に混乱した。
スマホの指示が正確だったかな。

それにしてもガソリンが高い。
行く直前に、地元で入れたら157円だった。
奈良県内のスタンドの表示はさらに10円以上高かった。

北陸新幹線の工事

| コメント(0) | トラックバック(0)

20211202.jpg
自宅からの撮影。

かなり工事は進んでいる。
線路の敷設も終わったようだし、
架線を吊る電柱の建設工事ももうすぐだ。
右手300mまで迫っている。

開業までは2年以上あるが、
走行試験とかは1年はかかるだろうから、そんなものか。

開業したところでうれしくはない。
サンダーバードやしらさぎがなくなるのがつらいんだよ。

MovableType 5 → 6 → 7

| コメント(0) | トラックバック(0)

20211125.png

ブログは、自宅の自前サーバーで MovbleType 5を使ってきた。
MovbleType 5は、2013年にインストールしたようだ。
起動する度に、「古いからサポート切れてるぞ」とうるさいのだ。
重い腰を上げて、MovbleType 5 → 6 → 7 へとアップグレードした。

移行手順書に従って、その通りにやればうまくいく。
事前のバックアップから行って1日仕事で、休みを丸1日使った。

満月前後に晴れてもねえ

| コメント(0) | トラックバック(0)

昨夜は快晴だった。
連日晴れたので撮影しようと思えばできたけど、
ほぼ満月では撮影意欲がわかない。
あきらめて寝る。
こればかりは仕方がない。

とうとう冬の季節になってきた。
こうなると、撮影はもう終わりだ。

夜に晴れ間があったとしても、日中に雨が降り湿度が高い。
この状態で夜になると気温が低下し、地上は濃霧に覆われる。
上空は晴れていても、撮影は無理。

右手小指と薬指が、1年くらい前からばね指だった。
指に痛みはない。

指を折り曲げる時は通常だが、
指を伸ばすときにゆっくり伸びずに、いきなりはじけたように伸びる。
夜寝ているときに指の違和感が顕著に出てそれで夜中に起きたりした。

しかし、最近、指に違和感がなく、自然治癒したようだ。
指はゆっくりと自然に曲げ伸ばしができる。

新月期は3日晴れてくれ

| コメント(0) | トラックバック(0)

長焦点(F暗い)+AOガイドという古いスタイルでやっているが、
新月期は最低でも3日は晴れて欲しい。

というのも、暗い対象ばかりやると撮影時間がかかりすぎる。
1日というか、1晩だけでは足りない。

1晩では、1対象毎に2時間~3時間かけるとして、
3対象から4対象は狙える。
1対象だと完成するまでには6時間や7時間以上は撮影時間が必要だ。
Fが暗く、感度の低いカメラと悪い条件ばかりの機材でもこれでやるしかない。
晴れていれば自宅からリモート撮影という環境があるからこそ何とかやれている。

見出しの通り。

普通にフラット画像を何も考えずにそのまま作っていればよかっただけの話。
何がまずかったか、
1.フラット画像にぼかし処理をした
 これでフラット画像の画像レンジ幅が狭くなって過剰補正となった。
2.フラット画像を選別した。
 高度の低い場所で撮影したスカイフラットだけを選別した。
してはいけないことをしてしまったためにおかしなフラット画像を作ってしまった。
何という間抜けなアホなんだろうか。
こうなった理由はいくつかあるが、変にしったかぶりで余計な事をしていたが、
全て忘れてしまいたい。

校長先生「落第だ、小学校1年生からやり直せ」

リモート撮影

| コメント(0) | トラックバック(0)

経験は浅いがリモート撮影をやってきた。
その中で、現地撮影と違ってリモート撮影のやり方がわかってきた。

リモート撮影は、現地の空の様子がわからない。
ひたすらパソコンの画面だけを見続けるしかない。
かといって暇を持て余す。

結果的に、撮影に関して、色々考えるようになった。

1.計画を立てるようになった。
当たり前の話だが、撮影計画を立てる。
南中前後の3時間程度をメインに撮影計画を立て、
撮影対象の南中時刻を考慮に入れて計画するようになった。
一晩で(どの程度晴れてくれるのかにもよるが)、10対象程度を選定し
3対象に絞って、それぞれ撮影開始時刻と終了時刻を前もって計画するようになった。

昔は、空をぼーっと眺めたり、肉を焼いたり、鍋焼きうどんとか
撮影以外のことに目的があったような気がする。
そんなわけで、昔は撮影計画を立てるというよりは、
その場の気分で撮影対象を考えていたような気がする。
要するに行き当たりばったりでやっていたわけだ。

2.撮影データを詳しく解析するようになった。
撮影中はヒマなので、データをエクセルで管理する。
そのため、撮影しながらデータをちまちまと入力すると同時に
グラフ化を行い、データの解析を考えるようになった。

3.ピント位置の予測を立て、実際に検証する。
これは過去に何回か記載している。

4.曜日にかかわらず、晴れるなら撮影できる。
これがリモート撮影の一番のメリットかな。
そりゃあ、自宅で夏はエアコン、冬は暖房で快適だ。

昔はやる気のないときはやらなかったが、
今はやる気がなくても晴れていれば気軽に撮影だ。

中国やばい

| コメント(0) | トラックバック(0)

中国が現代版(第二次)文化大革命をやっている。
有名な俳優を弾圧、
男でも品性に欠ける(オカマみたいな?)人は弾圧
ゲーム禁止(週1時間に制限)
学習塾禁止
中国共産党に不満な発言も弾圧
民間企業には自発的に(という名の強制的な)お布施を強要
富裕層(のお金を)監視
といった具合に、
思想面、金銭面でいろいろやりたい放題だ。

中国がおかしくなったのか、共産党の本性を現したのか?
おそらく政府のお金がなくなって、そのツケを民間からむしり取っているのはやりすぎだ。

宇宙一の不動産デベロッパー恒大集団の破綻疑惑騒ぎがどこまで広がるのか?
恒大集団だけでなく、不動産業界は軒並み破綻しつつあるという。

それから、オーストラリアからの石炭をストップさせた中国政府。
そもそも、オーストラリアがコロナウイルスで中国への原因調査云々を持ちだしたら
中国政府が怒り狂って石炭輸入を禁止したのだ。
そしたら火力発電用の石炭が不足して電力不足となり
都市部や工場も含めて大規模停電が頻発。
自分で自分の首を絞める事態を引き起こしている。

中国はどうなるのかね?

ワクチンどうするか

| コメント(0) | トラックバック(0)

ワクチン接種券は届いている。
しかし、地元自治体の状況がよくわからないまま時が過ぎてしまった。

ワクチン投与後に死亡した人がこれまでに9月の初旬で1155人を超えている。
厚労省はワクチンが死亡の直接原因ではないとしている。
ワクチンで死ぬ確率は宝くじ1等よりも相当低い。

おいらは引き籠り生活なので、買い物以外は出歩かない。
ドームには行くこともあるが一人だけで人とは接触はしていない。
引き籠りならばワクチン打たなくてもよいかなと思っている。

馬鹿なのか?

| コメント(0) | トラックバック(0)

10/1で緊急事態宣言などが解禁されて、
旅行が増え、飲み屋が活況づいているという。

9月末にかけて感染者がぐっと減ったのは確かにそうなんだけど、
こうやって規制が緩んだら人流が増え、感染者が増えると思わないのか?
おそらく11月や12月はまた感染者がドーンと増えるのではないかとおいらは思う。
この予想が外れて何もなければそれに越したことはないがな。

久保やん

| コメント(0) | トラックバック(0)

訃報、久保やん。
風は1970年代、ラジオでよく聞いていた。
2枚目のアルバムが一番好きだったかな。

当時を偲んでYoutubeを聞いてみた。
歌詞も結構覚えていて、昔の曲って結構覚えているもんだね。
その当時もう40年以上も前の話だ。

そしたら、風に関連して懐かしい曲がぞろぞろと、

柴田まゆみ

永井龍雲

もとまろ

古時計

こういった、抒情系ソングって今の時代は流行らないけど、昔はこういったのは結構あったんだわ。

土日は空しい気分だ(3)

| コメント(0) | トラックバック(0)

毎日引き籠っている。
これが土日も(外出せずに)引き籠ることが多くなった。

平日は引き籠もらざるを得ないのでまあいいとして、
土日に何もせずに引き籠ると精神的に罪悪感を感じる。
何かしないといけないと思いながらも
結局何もせずにダラダラと過ごす。

これではいかんと、画像処理を始めた。
しかし昔使ったソフトだが、多少は覚えていても
細かい所とか、全体の流れがぼやけてしまって
小学生からやり直ししないといけない。

やる気は当初はあるのだが、すぐに挫折してしまって
フラストレーションがたまる。
これでますます気分が滅入る。

これではいかんな。
基本に忠実にやれることから地味にコツコツとやるしかないのは
頭ではわかっている。しかし、その頭が追い付かない。

昔の資料がないかとパソコンの中を漁ってみると、
数は少ないが、画像処理の要点をまとめた資料を発掘した。
そんな資料を自分で作っていたことさえ忘れてしまったのだ。
資料をじっくりと読み返して、
・全体の処理の流れを整理
・各処理ごとの目的、なぜそうするかの基礎知識
・具体的な処理の手順
を考えながら、保育所からやり直しだ。

赤とんぼ

| コメント(0) | トラックバック(0)

赤とんぼを見かけるようになった。
8月下旬から、気温が低くなった時から出現していた。
色は赤くなく、オレンジ色だ。
10月になれば真っ赤になるだろう。

赤とんぼというのは、アキアカネという。
夏は山の上にいて、黄色だ。
秋になって、里に下りてくる。
その過程で色がオレンジから赤くなるのだ。

昔のラジオ番組

| コメント(0) | トラックバック(0)

40数年以上前の話。
ニッポン放送の日曜夜11時から
全日空ミュージックスカイホリデーという番組があった。
ソラマメさんの番組で、乳母桜の会とかやっていた。
妙に(売れる前の)オフコースが流れていたと思う。
そのソラマメさんの訃報を聞いた、合掌。

Zenfone8

| コメント(0) | トラックバック(0)

一昨年はZenfone6を購入した。(これは今、子供が使っている。)
昨年はZenfone7を購入しなかった。
今年はZenfone8を購入するのか?、多分しないと思う。
まあ食指が動かないというか購入する気にならない。

おいらは今はZenfone5zを使っている。
3年前の機種だが、これがなかなかよくて今のままで困っていない。
老人になると無駄なお金は出したくないのだ。
あと10歳若かったらZenfone8を購入していただろうな。

土日は空しい気分だ(2)

| コメント(0) | トラックバック(0)

まあ何というか、明るい未来が想像できない。
だから将来への不安感が大きくなり、
それで心理的に空しい気分になるのだと思う。

明るい未来が想像できれば、こんな気分もっ吹っ飛ぶだろうけど
今のご時世ではそうは思えないのがつらい所だな。
まあ世の中なるようにしかならないことはわかっているけど。

雨が続く

| コメント(0) | トラックバック(0)

今年の8月はおかしい。
雨が続き、気温が低い。
甲子園だって雨天順延が続き、
アフガニスタンはアメリカが撤退する。

土日は空しい気分だ

| コメント(0) | トラックバック(0)

普段の土日は、何もすることがなく、ぼーっと過ごしている。
別に何もせずに過ごしても構わないのだが、
どうも罪悪感というか、何かをしないといけないのではないかと
心理的に追い詰められている感じがする。

もう終わったが、7月から土日を使って
雑木林の伐採や草刈りをやってきた。
この時は、することがあったというか、
何かをしたぞ、と満足感があった。

何もしない土日を過ごすと、また空しくなってくる。
心理的な負担を感じる必要はないとわかっているのだが、
なかなかそうはうまくいかない。

お盆がすぎると

| コメント(0) | トラックバック(0)

夏も終わったという感じがしてくる。
実際には暑いし、夏は続いているのだが、
何か秋になった感じがしてくる。

8月は前半と後半で気分が大きく違う。
前半は、夏の盛りだからと夏を満喫しようという気分だが、
後半は、夏も終わったし、けだるい感じだけが残っている気分だ。

蜂に刺されたら

| コメント(0) | トラックバック(0)

アナフィラキシーショックを起こすと大変だ。命に係わる。
蜂に刺されてから15分を経過しても何もなければ問題ないようだ。
逆に言うと15分以内に体調が悪化したらすぐに救急車を呼ぶ。

おいらは子供のころから過去に何回も蜂に刺されてきた。
つい先日も2か所刺されたが、問題なく生きている。
だからといって次回もアナフィラキシーショックを起こさないとは言えないようだ。

蜂に刺されたら病院へ行くのが正しいようだが、
アナフィラキシーでなければ、抗ヒスタミン剤かH1ブロッカーを処方されるようだ。
(胃薬のはH2ブロッカー)

ずっと雨

| コメント(0) | トラックバック(0)

お盆の前からずっと雨。
墓参りも雨だ。
気温が低く、夜は22,23度でエアコンいらないし、
布団がないと寒い。
何という夏だ。
こんな雨ばかりも珍しい。

ガタが来ている

| コメント(0) | トラックバック(0)

もう老人なので、身体にガタが来ている。
左目は相変わらず病院通いだし、
左腕が妙に違和感がある。
左腕は、引っ張られるのは問題ないが、引っ張るときに違和感がある。
ただし、半年経過して自然治癒の方向でかなり落ち着いてきた。
あとは、生活に不自由はしないが細かい所で動きが悪い。
足腰だけは今のところ大丈夫なのが救いだ。

ガソリンが高い

| コメント(0) | トラックバック(0)

いつの間にかガソリンが、L当たり151円になっていてワロタ。
前回入れたのは半年くらい前だったか、それ以前だったかもしれない。
その時は120円台だったか、130円だったか忘れたが
こんなに高くなるとは思ってもみなかった。

ドーム内気温

| コメント(0) | トラックバック(0)

20210811.jpg
ドーム内気温は、外気温とほぼ同じだ。
気温をモニターしてやっとわかった。

セミの大群

| コメント(0) | トラックバック(0)

チェーンソーで木をなぎ倒しているが、
どんどんなぎ倒してきて、残りの木も少なくなってきた。
そしたら、残り少ない木にセミが全集中してきた。
ざっと100匹以上はいる。
アブラゼミの黒だかりだ。

逃げるものもいるが、逃げずに指で触ってやっと逃げる者もいる。
かわいそうだが、この木も切り倒す。

アブラゼミ以外には、ニイニイゼミや羽根の透明なセミもいる。
こいつはクマゼミほど大きくはなく、ヒグラシの緑色でもない。
ミンミンかツクツクか、ツクツクはもっと遅い季節だしな。

蜂に刺された

| コメント(0) | トラックバック(0)

チェーンソーを振り回していたら、蜂に刺された。
右腕と背中の2か所。
どちらもはれ上がってきた。

足元にハチの巣があったのだが気が付かなくて
ぶんぶんチェーンソーを振り回していたら
蜂が襲ってきたというわけだ。

しばらくしてから、切った木を棒にして
ハチの巣を探り、叩き落した。
落とした巣を棒の先で踏みつぶす。
これで蜂は逃げていった。ざまあみろ。

暑い

| コメント(0) | トラックバック(0)

夏本番で暑い毎日だ。
朝は晴れているが、夕方は雲が多い。
夜はGPV/SCWでは晴れない毎日だ。
今はじっと暑さに耐えるしかないか。

チェーンソー(2)

| コメント(0) | トラックバック(0)

チェーンソーは、メンテが大切だ。
ガソリンの補給時には、チェーンオイルも同時に補給するが
実際にはそれでは足りない。
使い方にもよるが、チェーンオイルはまめに、
チェーンにぬりぬりしておかないと、チェーンが固まる。
また使っていくうちに、刃がなまってくるので
目立てもしてやらないといけないが、素人には難しい。

でもチェーンソーを振り回すのは楽しいぞ。

チェーンソー

| コメント(0) | トラックバック(0)

ガソリンで動くチェーンソーを購入した。
(コメリで2万)
こいつで、雑木をバッタバッタを切り倒す。
これが実に気持ち良い。
ジェイソンがチェーンソーを振り回す気持ちがよく分かった。

このように有能な機材が2万で買えるなんて夢のようだ。
天文機材だと、たかがアイピースや輪っかや大したこともない機器でも数万はする。
チェーンソーや草刈り機が2万で買えるなんて、素晴らしいことではないか。

夏が長い

| コメント(0) | トラックバック(0)

梅雨明けが早かったせいか、夏が長く感じる。
まだ7月も終わっていないというのに、
早く夏が終わってくれと感じてしまう。

よく考えれば、来週からやっと8月だ。
まだまだ夏は続く。

中国の大洪水

| コメント(0) | トラックバック(0)

中国で千年に一度の大洪水が起きている。
もちろん三峡ダム付近も昨年と同様だ。
夏になると中国では大洪水が発生するのは恒例行事になったのかね。
三峡ダムは今年も耐えられるのか?

某都市の地下道路が5分で冠水して多くの犠牲者が出たようだし、
死体から角膜を抜き取ってるだの、
潮干狩りではなく、濁流後の道路から飲み物のペットボトルを
我先にと堀出している映像だの、凄いことをやっている。

柿の木

| コメント(0) | トラックバック(0)

20210727.jpg
我が家の柿の木は、一度虫にやられて葉っぱが全滅した。
全滅した後で、また若芽が出てきて葉っぱになろうとしている。
昨年までは実を付けなかったが、今年は実を付けている。

またまた草刈り

| コメント(0) | トラックバック(0)

20210721.jpg
なぜか、今年はまめに草刈りをしている。
前回の草刈りから1カ月は経過していないので
草刈り自体は楽にできる。

コウノトリ(2)

| コメント(0) | トラックバック(0)

ドーム近くのコウノトリは巣立った。
だが、近くの田んぼを今でもうろうろしている。
飛んでいるのも見えることがある。
周辺の通行止めの看板は撤去されていた。

6キロ離れた別の場所でも、コウノトリが巣立った。
さらに、若狭というか、小浜市内でも別のコウノトリが巣立った。

梅雨明けしたが

| コメント(0) | トラックバック(0)

20210720.jpg
北陸は一足早く、先週には梅雨明けした。

梅雨前線がもっと活発になって最後の一暴れをするのかと思ったけど
そうはならず、梅雨前線は勝手に消滅した。

その後は画像のような夏空であるが、雲が少しある。
これが一番悩ましい状態で、これでは撮影する気にならない。

GPVやSCWで雲の予報図を見て、晴れそうなら撮影するかな。
最終判断は、当日の夕方になる。
それまでは予報がころころと変化する。

コロナ不況はこれからだ

| コメント(0) | トラックバック(0)

昨年、真っ先に不況になったのは、
飲食、旅行、観光業界だった。
今年もそうだなんだけど、
今年からはそれ以外の業界にも不況がやってくる。
この流れは今年後半も来年にもだんだんと及んでくる。
オリンピックで浮かれているのも今だけだ。
来年はもっとひどくなると予想するが、どうなるか?

オリンピック1週間前

| コメント(0) | トラックバック(0)

予定通りやるのだろう。
そのために、今年も祝日をいじっている。
来週は海の日とスポーツの日を無理やり移動し、
8月も山の日を月曜日にずらす。

オリンピックは無理に賛成する気もないし、無理に反対する気もない。
やるならやればいい、とおいらは勝手に思っている。

何十年に一度の豪雨

| コメント(0) | トラックバック(0)

今年も豪雨被害が出た。
何十年に一度の豪雨は、その土地ならそうかもしれないが、
日本全体でみると、毎年どこかで発生している。
雷神様がダーツを投げて当たったところに豪雨をもたらしているのかもしれない。

地元福井では、忘れもしない2004年の7月、福井豪雨が発生した。
この時も、たまたま線状降水帯が福井県嶺北にかかり、集中豪雨となった。
あれから17年も経過したが、あと数十年以内にはまた起こるのかもしれない。

そろそろ梅雨明けか

| コメント(0) | トラックバック(0)

天気予報も晴れの表示が多くなってきた。
気温も30度台前半で、梅雨明け、夏の天気のような感じだ。
なんだかんだ言ってても季節は変わる。
暑い夏の季節は嫌いではない。
冬よりも大好きだ。
というか、冬は大っ嫌いなのだ。

ただ7月は結構微妙な月で、天候は安定しない。
撮影できる夜はあまりないのではないか?
8月になればましになるとは思うが。

コロナ太り

| コメント(0) | トラックバック(0)

ずっと引き籠っているので、太った。
これではいかんと、断食をしてみた。
初日、腹がぐうぐうとなり、空腹感が強い。我慢する。
二日目、何となく気にならなくなった。
三日目、同じく気にならないまま。
試しに、料理などうまそうな画像をたくさん見てみた。
うまそうとは思うが、食欲はなく、なんか変な感じ。
これが悟りの境地なのか?
ところが、夕飯の匂いが流れてきたら、猛烈に食べたいと思った。
視覚ではなく、嗅覚だと反応度合いがまるで違う。
四日目、変わりはないが、何だかぼーっとした感じが出てきた。
そろそろやばいかな?
五日目、ぼーっとした感じが強くなってきた。
そろそろ限界だな。
五日で断食を終了した。
この間、夜はぐっすり眠れている。

六日目、餃子の王将でラーメンと餃子を食べる。
久しぶりの食事がうまい、腹にしみる、うますぎる。

たまに断食をやるのもよいかもしれないが、三日がいい所だろう。

リモートも大変だ

| コメント(0) | トラックバック(0)

リモートはいいんだけど、維持するのも大変だ。
機能を維持するために、故障や不具合があればすぐに対応する。
自力で解決できればいいが、そうでなければお金をかけて解決しないといけない。
それから、草刈りや周囲の樹木にも気を配らないといけない。
便利さを享受するのに対し、それに対する維持管理の負担も覚悟してやらねばならない。
当たり前の話だけど、いろいろ大変ですわ。
特に雨ばかり続く梅雨時だと特にそう思う。

コウノトリ

| コメント(0) | トラックバック(0)

20210706.jpg
近くの田んぼにコウノトリの姿があった。
スマホで撮影したのであまりうまくはない。

今年の半分がオワタ

| コメント(0) | トラックバック(0)

あっという間に今年の上半期が終了。

6月から夾竹桃は咲いているし、ニイニイゼミも鳴いている。
気温も高いが、真夏ほどではなくエアコンもまだ必要ない。

上半期は、急に天文関係をやりだしてリモート天文台にまで突き進んだ。
とはいえ、まだ本格的に運用しているわけではないがな。

さて、下半期はどうなることやら。
次に気が付いたときは雪が降っているだろう。

ちょっと早い草刈り

| コメント(0) | トラックバック(0)

20210429.jpg
この前の日曜日に、ちょっと早い草刈りを行った。
まだ草も短いので草刈りしやすい。
GW最初は雨の予報なので、その前に草刈。
雨の日は、再びAstroberryで遊ぶか。

ドーム背後の桜の木、緑が濃くなってきた。
この桜の木がでかくなりすぎて困っている。

ギブアップした

| コメント(0) | トラックバック(0)

多少辛いものでも平気だけど、ギブアップした。

「ペヤング 超大盛やきそばハーフ&ハーフ W獄激辛」

辛すぎる、汗たらたら、口の中が痛い。
完食できずに残した。
何じゃあこれは!
よくこんなものを製品化したものだな。
リベンジ?
するものか。

極軸合わせ(5)

| コメント(0) | トラックバック(0)

最近の事情はよく分からないが、
極軸合わせには、PoleMasterとやらが流行っているのか?
極望の代わりにこいつを北極星に向けて
ソフトウェアの指示で調整するものらしい。
もちろん、北極星が見えることが前提だ。
なかなか評判も良くて、
10年前にこいつがあったら迷わず購入していただろう。

極望を覗いて極軸を合わせる時代ではなくなったのか。
今の時流でいうところのデジタルトランスフォーメーションってやつだ。
時代は変わったな。
おいらの頭が古いだけかもしれないが、
極軸は極望で合わせるものだという固定概念がこびりついている。

極軸合わせ(4)

| コメント(0) | トラックバック(0)

最終的には、ドリフト法でやるしかないか。
原理的には、
・赤緯0度で南中する星をガイドして
 ガイドのブレ具合で東西方法の設定を追い込む。
・東方向、地上高度は現地の緯度の星をガイドして
 ガイドのブレ具合で上下方法の設定を追い込む。
といった地道なやり方だが、これが一番確実だろう。

ガイドソフトのPHD2ではドリフト法の支援機能もある。
PHDってのは名前は聞いたことはあるが使ったことはない。
ガイドの状況をグラフにして表示するソフトだな。
Astroberryには最初からLinux版PHDはインストールされてはいたけど。

一応調べてみたらWindows版PHD2ではSBIGのカメラは使える。
しかもSBIG-AOまで使えるではないか。
こいつは素晴らしい。
(極軸合わせにはAOは不要だと思うけど)
ステラショット2でサポート外だったので
期待してなっかたがやるじゃないか。
インストールして試してみる価値はあるな。

極軸合わせ(3)

| コメント(0) | トラックバック(0)

となれば、昔使ったことのある、
PoleAlignMAXを引っ張り出して使おう。

昔の記憶では、
こいつはそこそこ使えるのだが、
追い込むことはできなかった。
というのも、長焦点すぎたのか、
赤道儀の工作精度の問題なのか、
追い込む度に結果が異なってくる。

一度試してみたいのは
望遠鏡を FSQ106 に乗せ換えてやってみようと思っている。
限界まで追い込めなくても
ある程度そこそこレベルで設定はできそうな気がする。
やってみないとわからないが。

極軸合わせ(2)

| コメント(0) | トラックバック(0)

北極星に頼らず、極軸合わせを考えるしかない。

そこでステラショット2を考えた。
北極星に頼らず、極軸合わせを支援してくれる機能がある。
体験版もあるし、使えるのなら購入してもいい。

と思って、調べてみたら、
SBIGのカメラはサポート外なんだとさ。
もう今どきのカメラではないのか。
昔はメジャーな存在だったんだけどなあ。
10年でこうも変わるとはな。

とにかくステラショット2は使えない。
他の方法を考えよう。

極軸合わせ

| コメント(0) | トラックバック(0)

修理に出したNJPはまだ帰ってこない。
何の連絡もない。
そこは気長に待つしかない。

帰ってきた場合、動作確認はもちろんのこと、
極軸合わせをせねばならない。
北極星が見えていれば、極望で合わせれば済む。
10年前は楽勝だった。

しかし、今は状況が変わっていた。
北の崖下に桜の木がある。
10年前はたいして大きくもなく無視していたが、
今は大きくなり、極望の視界に入ってくる。

上の方の枝を切れば済む話なのだが、
上の方は枝も細く登れないし手が届かない。
植木屋さんにでも頼むしかないのだが、
費用もかかるし、そこまでする気力はない。
どうしたものか。

大阪は初見殺しが多い

| コメント(0) | トラックバック(0)

車で大阪へ行ってきた。
初めて走るには障害が多い。

例えば、右折するのに、右車線から右折する場合と
左車線で側道から右折する場合があって、
場所により異なる。
これで何回も迷ってしまった。


大阪のメインの道路である国道423(御堂筋線)と
そこから接続する国道1号を何回も往復したけど、
右車線で走るか、左車線で走るか、迷う。
路面に書いてあるのだが、
南森町方面とあってもそれがどこだかわからない。
交通量の多い車線を走れば間違いないが、信じると迷う。

地元の人なら走り慣れているだろうけど
田舎者はわからんのだよ。
初見殺しが多すぎる。

4月になった

| コメント(0) | トラックバック(0)

今年の桜は例年より2週間も早く満開に咲いた。
いつもなら4月10日前後で、学校が始まる頃に咲く。
しかし今年はやけに早く3月に満開になってしまった。
温暖化のせい?

それはそうと、今年も気が付いたら4月になっている。
あっという間に1月2月3月が過ぎ去った。
次に気が付いたら夏の盛りかな?

これにするか

| コメント(0) | トラックバック(0)

20inchMilitary.jpg
これだな。カッコいい。
お金に関してはいくらなんだろうか?
途方もない金額になるだろうけど、
山奥の古狸様にお供物を供えて、
秘伝の木の葉錬金術をお願いしてみよう。

久しぶりにドームへ

| コメント(0) | トラックバック(0)

202103101_.jpg
雪も完全に消えて、天気も良くなり、久しぶりにドームの内部へ。
中は悲惨だった。
虫の死骸や蜘蛛の巣など、次回は掃除機を持って掃除をしに行かないといけない。

訪問した理由はほかにもある。
ドームの回転制御がおかしいので、その原因を探る目的もある。
長時間ほっておいたので、設定内容が飛んでしまったかもしれないと思い、
再設定してみようと思いたったのだ。

そしたら、設定内容はちゃんと保存されており、問題なかったのだが
もう一度再設定しようかと思ったところ、ドームの回転エンコーダの反応がない。
こいつだったのか。

おまけ
20210310_2.jpg
東方向約300mのあたりに、コウノトリの巣がある。(画像中央やや右の白まるの中)
そこには昨年と同じくコウノトリがいた。
今年も巣作りしているのだろう。
ただ、周辺道路の通行止め看板はない。

気温差が激しい

| コメント(0) | トラックバック(0)

気温が20℃近くまで上昇したかと思えば、
真冬になって雪が降る、
この時の気温は2℃だった。

そしたら、また気温が上昇し、12℃になった。
まさに三寒四温だが、激しすぎではないか?
寒いのは嫌いなんだわ、
早く春になってくれ。

コロナワクチン

| コメント(0) | トラックバック(0)

そろそろ国内でもワクチン接種が開始だ。
とはいえ、医療関係者、それから老人だ。
一般国民には年末までかかるという話だ。

ならば、オリンピックも開催はできないな。
オリンピック開催の条件はワクチンもある程度
接種しておく必要はあると思う。
森さんのせいにして中止すればいいのに。

睡眠時間

| コメント(0) | トラックバック(0)

最近はよく眠れている。
1日あたり8時間は寝ている。
そうすると、昼は眠くならない。
特に午後2時くらいの魔の時間帯にも眠くならない。
昼に眠くなるのは睡眠時間が足りていないというわけか。

2月とは思えない暖かさ

| コメント(0) | トラックバック(0)

暖かい日が続いた。
2月とは思えない。
梅も花が咲き始めた、というか咲いている。

しかし、明日当たりから冬型になり、寒くなる。
また雪も降る。
三寒四温ってやつだな。

あれから様子を見ていたが、バッファローのハブがおかしいようだ。
安定して動作していたと思われたバッファローのハブに
Windows10のPCから有線LANをハブに繋いだ途端に、
ネットワークの不調が発生する。
linux機2台のログには、LANのLINK UP/DOWN が延々と膨れ上がっていく。

バッファローのハブを一切使わずに、
無線LANのハブに有線LAN全部を接続しても何も問題がない。
真犯人はバッファローのハブのようだ。
こいつを捨てるしかないな。

中華ナビ(2)

| コメント(0) | トラックバック(0)

中華ナビに限らず、ディスプレイオーディオでもそうなのだが
携帯通信が別建てというところが使いにくい。
車に乗って、スマホをつないで通信を接続する作業が面倒だ。
車の乗り降りにいちいちやってられるか。

この点については、
・車専用に通信機器を用意する
 例えば、バックミラー型のドラレコで、通信機器を内蔵した機器はある
 あるいは無線ルーターを用意する
(格安SIMで2枚目とか3枚目のSIMを突っ込んどけばよいが、それにしても面倒だな)
・スマホと有線ではなく無線で接続する時代になるのを待つ

なんだかんだいって、既存のカーナビは何も考えなくてもよい。
したがって、おいらとしては中華ナビに興味はあるが
手を出すことはないだろう。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 7.8.2

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちその他カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは各種設定です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。