パソコンの最近のブログ記事

fail2ban(2)

| コメント(0) | トラックバック(0)

fail2ban を仕掛けてみたが、こうするとなかなかアタックしてこなくなるのはなぜ?
釣りじゃないけど、早く釣れないかな?と思っていたら、やっと釣れた。

faile2banは標準ではsshdしか有効にならない。
smtpやdovecotは自前で設定しないといけない。
対象のサービス、ポート、フィルター(外部ファイル)、アクションを設定する。
jail.confという設定ファイルをテキストエディタで編集すればいいけれども
webminでブラウザから設定も可能だ。
20170512_1.jpg

メールログで、釣れたログ
20170512_2.jpg
このIPアドレスは10日間はアクセス不能になる設定だ。

こうしてちゃんと機能しているのを確認できると安心だ。

fail2ban

| コメント(0) | トラックバック(0)

という便利なソフトがある。
というか今まで知らなかった。

これは何をするのかというと、
サーバを立てていると世界中からアタックされるが
悪質なIPをブロックするというもの。

仕組みとしては単純で、
各サーバのログを解析し、特定の時間内に特定パターンのエラーを検知して
一定時間ブロックしてくれる。

毎日メールログを確認し、悪質なIPを手動でブロックする作業を行ってきたが
(手動でできるくらいだからそう数は多くはない)
fail2banに任せてみよう。

但し、昔と違って短時間に集中してアタックしてくる馬鹿はあまりいない。
すぐにこの手のソフトでブロックされるからだろう。
ログを見ていても2・3時間ごとにアタックしてくるパターンが多い。
その程度だとアタックしているとは思えないがな。

アタックしてくる馬鹿は世界中からだが特に中国が多い。
中国ドメインをまるごとブロックという手もあるが、串を通すからあまり意味はない。

Windows10 CreatorsUpdate

| コメント(0) | トラックバック(0)

がダウンロード可能になって、早速インストールしてみた。

旧コンパネがなくなっている。
コンパネは新しいWindowsの設定にようやく統合されたのかね?

コマンドプロンプトは残っているが、WindowsPowerShellが全面に出てきた。
(CMDと打てばコマンドプロンプトにはなるが)

あと、IMEの切替の度に、"A"とか"あ"の文字が頻繁に表示されてうざい。

それ以外はあまりかわっていないようだが、どうなのかね?

マイクロソフトのデザイナーキーボード(Bluetooth)を使ってきたが
キー配列が独特でかなり使いにくくて悩んでいた。
キー配列以外はとても素晴らしいのだが、変な配列で台無しだ。

そこで、Dell のワイレスのキーボード・マウスセットをアマゾンでポチる。
コイツに切り替えて使ってみた。

キー配列が標準というだけで、かなり使いやすくなった。
ところが、いくつか問題が発生した。
しばらくすると、通信が途切れてキーの反応がなくなる。
コイツは、USBのドングルでワイヤレス通信を行う。
LogicoolのUnifyinのものらしいが、DellにOEMしているのかね?

通信切れに関しては、デバイスマネージャーでUSBの親玉の省電力をオフにすることで解決した。
これで通信切れに関しては問題なくなった。
(Bluetoothも通信切れが発生するが、これも同じ対応で解決する)

あと、些細なことだが、マウスのホイールの反応が最初のみひっかかる。
これは慣れればそんなものと思うだけで大した問題ではない。
(Bluetoothのマイクロソフトマウスが使い勝手は良かった)

まあこれでそこそこ使えるようにはなったが、
ワイヤレスにせずに普通のUSBキーボードでよかったような気がする。
何か無駄な努力とお金を使ってきたようで、何だかなあ、という気持ちだ。
手元にBluetoothキーボードが溜まってきた。

ブログのコメントに海外から書き込んでくる馬鹿も多い。
おそらくアフィリエイト目的の類で、
メールアドレスやサイトのURLもつけて書き込んでくるので一目で丸わかりだ。

このブログのコメントはすぐに反映せずに管理者の公開作業がないと公開されない。
一頃は同一人物によるしつこい書き込みも多かったが完全無視していたら
そのうちあきらめてくれたようだ。
こういったことが定期的に何度も何度も繰り返されてきた。

細々とこっそりやっているブログやメールサーバなので、アタックしないでほしい。
アタックしてくる馬鹿どもに制裁してやりたい気持ちだ。

馬鹿どもは減ったかな?

| コメント(0) | トラックバック(0)

ちょろいメール鯖のカモリストみたいなものがあるのか?
自宅のメールサーバには毎日海外からアタックしてくる馬鹿が多かった。
しつこく連続してアタックしてくる馬鹿にもうんざりしてきて
昨年の夏ごろから対策をしてきた。

対策といってもメールのログから馬鹿どものアドレスを
片っ端からブラックリスト入りにしてルータで遮断。
毎日、朝と晩とログの調査、ブラックリストに追加をずっと行ってきた。

対策してから半年ほどしてからようやく成果が出てきた感じかな。
ここんところはメールのログもかなり少なくなってきた。

スマホとPC

| コメント(0) | トラックバック(0)

スマホはかなり普及してきた。
その分PC、ノートPCが喰われているような流れなのか。

今の若者はスマホはよく触るがPCは触らないという。
ホンマかいな?

おいらはスマホも触るが、圧倒的にPCを使う。
検索した結果の画面はPCが広く情報量も多い。
何よりも入力においてPCのキーボードが圧倒的に使いやすい。

スマホはなくてもかまわないが、(通話ができればガラケーでもよい)
PCはないと困る。

SSDのFirmwareアップデート第2弾。

今回はTRANSCENDのSSDだ。
CrucialのSSDとは違い、アップデート時にSSD内はすべて初期化される。
だから事前のバックアップは必須だ。

512GBのSSDなので、それよりも大きいHDDを用意してDISKのクローンを作成する。
用意したHDDは使っていない750GBだ。
バックアップに5時間かかるので、夜、寝ている間にバックアップ。
朝、バックアップ終了を確認後に、いよいよアップデートだ。

アップデートの準備にUSBメモリが必要だ。
アップデータをダウンロード、解凍し、USBメモリに書き込む。
この時に、マニュアルに従って、その通りのやり方をしないと
正しいUSBが作成されない。
(我流でやるとうまくいかない)

USBメモリを刺し、UEFIブートさせる方式でUSBから起動する。
Linuxベースのユーティリティが起動し、ここからアップデートを実行する。
実行自体は5分以内で終了するが、実行後、本当にSSDは初期化された。

ここから、バックアップHDDからクローンで戻す。
これにも5時間かかるかと思ったが4時間で済んだ。

クローンで戻したのだからまともに復旧されるはず。
時間はかかったが、正常に復旧した。
TRANSCENDは時間がかかるのが難点だな。

SSDのFirmware アップデート

| コメント(0) | トラックバック(0)

普通に正常に動作しているなら、そのままで構わない。
下手にいじると悪化するかもしれない。

何を思ったか、SSDのFirmwareのアップデートをしようと思った。

対象のSSDは、CrucialのMX200、512GB版だ。
Crucialのサイトからツールをダウンロード。
新しいFirmがあるとの表示があり、Firmwareのアップデートを実行する。
再起動し、アップデート、再起動しWindows10が起動し終了した。
事前にバックアップしておけとかはあるが、そのまま強引に実行した。

だた、困ったことが一つ。
Windowsだけ動かすなら問題ないが、
このアップデートにより、EFI領域が破壊された。

実はEFI領域だけはバックアップがある。
Windows10を起動し、EFI領域をマウントし、CHKDSKで破壊された部分を修復。
ここからはWindowsではできないが、別のOSをUSBから起動し、EFIをバックアップから戻す。
これに手間取って苦労した。

下手にいじるとろくなことにしかならないという見本だな。

安物買いの銭失い(2)

| コメント(0) | トラックバック(0)

20170106.jpg
キーボードの不具合について、正月休みに少しいじってみた。

キーボードからのリボンケーブルがマザーボードに接続されている。
ところがこのコネクタが緩いような感じがしている。
試しにコネクタを指で押さえて起動すると、反応しなかったキーが反応した。
これはいけるぞ、とぬか喜びした。
(後でやはりぬか喜びだったことが判明するのだが)

キーボードとマザーボードのコネクタ部分を抑え込めればいいので、
両面テープと段ボールを切り抜きしたものを挟んでカバーで抑え込むようにした。
こうして応急手当して仮組から正式組立し、一応キーボードが直ったかに見えた。
BIOS画面でも正常に設定できるし、Windows10起動してもキーが反応する。

但し、特定のキーがおかしい。
wキー:we,ew
eキー:ew,we
sキー:sd,ds
dキー:ds,sd
xキー:xc,cx
cキー:cx,xc
2キー:23,32
3キー:32,23
のように、1文字ではなく2文字が勝手に入力される。
おかしいのは上記の8個のキーのみ、それ以外は正常だ。

この症状はキーボード自体がおかしい。
このままだと入力に支障をきたす。
入力しながらBSキーで1文字を戻すことも可能だけど、実際にはやってられない。
やはりUSBかBluetoothキーボードがないと入力作業はつらい。
だが軽い作業、ネット閲覧とかメールチェックして読む程度なら
外付けキーボードなしでも問題なく使える。

惜しいなあ。
最新CPUの最新PCなんだけどなあ。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちパソコンカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはドローンです。

次のカテゴリは機材関係です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。