« 2006年3月 | メイン | 2006年5月 »

2006年4月30日
 ■ VC200LによるM13

M13_3.jpg
VC200L 1800mm F9 ST-2000CXM+AO-7 -20℃ 10分X2枚
昨晩の結果がこれだけ。
10分2枚のみで、FRC300と比較しても意味はないが、まあそこそこは写ってくれたと思う。
(FRCとの比較では雲泥の差はあるが口径も光学設計も違うのでVC200Lが悪いわけではない)
F9と暗く、もっと時間をかけてじっくりやればもっともっとよくなるはず。
写真鏡としては定評のあるVC200Lとしての性能は確かにありそうだ。
とにかく、鏡筒の値段からいうと1/15なのでこの写りはコストパフォーマンスとしてかなりある。
ピントはロボでも手動による追い込みでも合っていたようで安心した。
AC2のレデューサ性能は試せなかったがまたの機会にしよう。

M13としては、DDPにおいて色彩強調をかけたので青やら赤やらの派手な色彩ではある。

投稿時間 : 00:01 個別ページ表示 | コメント (2)

2006年4月29日
 ■ VC200L+Roboで出撃したが

robof10.jpg
robof11.jpg
届いたばかりのロボを装着して、出撃だ。

雪が残る山奥に遠征したけれども、結果的に惨敗。

1.ピント不能
地上のテストでは、AC2ありでピントは出ていたが、星像で確認するとピントが出ない。
本来は、M57→Tネジの特注リングで接続の予定なのだが、まだ納品されずに
ボーグのわっか2枚でやっているために、ギリギリでピントが出なかった。
AC2を外して、F9,1800ミリで行った。これはピントは確実に出る。

2.星像が甘い??
ロボでピント出しして画像を確認したが、星像がキリっとしない。
入念に、オートフォーカスではなく、ロボを手動でピントを追い込んでみたが
オートフォーカスとほぼ同じ。
M13を10分の2枚を撮像したが、後日処理する。

3.天候の悪化
いろいろやって、M13を撮像中にガイド星を見失った。
空全体がもやってきて、さそり座がかろうじてわかる程度。
自宅に帰ってきても同じだったので、黄砂か春霞か薄雲かは不明だが
こればかりはしょうがないので、撤収。

自宅で入念にテストをして万全の体制をとってから遠征すべきだね。

投稿時間 : 00:01 個別ページ表示 | コメント (2)

2006年4月28日
 ■ M13

M13_2.jpg
FRC300RD F5.9 ST-2000XCM+AO-7 -20℃ 10分X12枚

メーテルさんとこの掲示板にある素晴らしいM5(utoさん撮影)に触発されて
M5ではなく、メジャー天体のM13を撮像。
眼視でみると星のつぶつぶの集合体なんだけれども、眼視に近いイメージにと思っても
なかなかうまくいかない。

投稿時間 : 00:01 個別ページ表示 | コメント (4)

2006年4月27日
 ■ M104

M104_1.jpg
M104 FRC300RD F5.9 ST-2000XCM + AO-7 -25℃ 20分X10枚

約3時間かけて頑張ったンですがね、思ったより淡い。
南の低空のせいかもしれないけれども、もっと露出かけないとダメかなあ。
暗黒帯のもじゃもじゃ、円盤の渦模様、円盤がぐるりとわかるような描写が物足りない。
アメリカの親父どもには勝てねーや。

投稿時間 : 00:01 個別ページ表示 | コメント (2)

2006年4月26日
 ■ やっと晴れたよ、M104

最近、天候が変だ。
昨日は黄砂で遠くが見えない。
今日は寒かったし、先週は霙が降ったのと、北陸道が雪で通行止めになった。
四月下旬というのにこの天気は何だ。
(ただ、寒いのは冷却CCDが良く冷えてくれるというメリットもあるのだが)

本日、やっとまともな天気になり、昨日の黄砂も今日の雨で洗い流せてくれたら
やはり撮像しないわけにはいくまい。
低空なんだけど、ソンブレロ↓、20分の1枚画像
M104.jpg
8枚か10枚コンポジットでどうなるか?
ぐるりと円盤の向こう側が見渡せる画像になってくれればいいのだけど。

続きを読む "やっと晴れたよ、M104"

投稿時間 : 00:01 個別ページ表示 | コメント (0)

2006年4月21日
 ■ フードの加工も終わって

VC200L_9.jpg
フードの加工
・アリガタにかかる部分のカット
・乾燥空気の穴あけ
・先端が丸くなるようにアルミリングを入れる
全部やっても約10分

あとはロボの到着を待つだけだな。

投稿時間 : 00:01 個別ページ表示 | コメント (6)

2006年4月20日
 ■ ビクセンのスポットファインダー

VC200L_8.jpg
VC200L用のファインダーとしてスポットファインダーを付けてみた。
標準のファインダーは暗視野照明が付かないので使う気にならなかったため。

過去に、C11にバーダーのスカイサーファーとか付けて基準星導入も問題なく行えていたので
多分大丈夫だろうと思ったが、ビクセンのは調整方法が手抜きしてやがる。
指でまわすネジをゆるめて移動させて固定するのだが、これだと微妙な調整ができないのではないか?
今まで使ってきたものはネジで縦と横方向に微調整するタイプばかりで問題なかったが、このビクセン方式はどうなんだろうか?

と思ったが、六角レンチを突っ込んで回せば微調整は可能だった。
説明書がないからよくわからなかっただけだった。
まあ何とかなるだろう。

投稿時間 : 00:01 個別ページ表示 | コメント (11)

2006年4月18日
 ■ ケンコーAC2 VCではF7、1400ミリ

AC2が到着した。
しかし、ただの癸欧醗磴辰謄侫ルターが分厚い。
当初予定した場所に入らない、orz

どうしようもないので、ボーグのカメラ回転装置内に両面テープで接着する。
これでレデューサの取り付け位置が変更となって再度倍率(とF値、焦点距離)
を計算しなおしした。

焦点距離 1395ミリ
F値 6.975
倍率 0.775

かなり中途半端なので
焦点距離 1400ミリ
F値 7.0
とすることにする。

投稿時間 : 00:01 個別ページ表示 | コメント (4)

2006年4月15日
 ■ ロボ取り付け準備

fsq18.jpg
ロボフォーカスに付属してくる取り付けプレートは貧弱すぎて使えない。
FSQ106の場合は、ホームセンターでステンレスの金属加工製品を購入して取り付けた。

VC200Lの場合もホームセンターで物色してみたがよさそうな金属板はなかった。
薄い鉄板を加工したりもしたが薄くてよじれる。これではダメだ。
VC200L_6.jpg
結局、3ミリ厚のアルミ板を購入して、金鋸で切り落として穴を開けて取り付けた。
R&Pの固定の4つのネジを長いものに変えて、アルミプレートをナットで浮かせて固定。
(なぜ浮かせるかというと、真鍮製のシャフト連結用の金具が太くて引っかかるため)
ロボのモーターを固定する部分はL字アングル材を買ってきて取り付けた。

VC200L_7.jpg
下側からみた画像。

投稿時間 : 00:01 個別ページ表示 | コメント (5)

2006年4月14日
 ■ ケンコー癸欧蓮■藤掘ィ

VC200L_5.jpg
VC200L F9 fl=1800mm の画像

VC200L_4.jpg
VC200L ケンコークローズアップレンズ癸欧鬟譽妊紂璽気砲靴寝菫

この画像からクローズアップレンズ癸欧鬟譽妊紂璽気箸靴疹豺腓了斗佑魴彁擦垢襪
焦点距離=1420mm
F=7.1
倍率は0.79倍(≒0.8倍)
という結果が出た。

レデューサは、焦点位置からの距離とレデューサの焦点距離で合成Fも合成焦点距離も求まるが
VC200L光学系+癸+AO−7+ST2000XCMの接続になっているため、
モノクロCCDでカラーフィルターホイールを間に挟むとF値や焦点距離は違ってくる。

投稿時間 : 00:01 個別ページ表示 | コメント (4)

2006年4月13日
 ■ ピントは出たが、、、

VC200L_4.jpg
ケンコーのクローズアップレンズが届いた。
癸欧脳播正離500mmであるが、AC(悪路マート)ではなく単レンズだった、orz
ACの癸欧鮹輅犬慶召靴靴拭orz
気を取り直してピントが出るかどうかのテストを行った。
ピントは出た、上の画像。ただし、ぎりぎりのきわどいところ。

気になる合成F値であるが、まだ正確に測定できていないのであるが
感でF7程度(焦点距離1400ミリ程度)ではなかろうか。

VC200L_3.jpg
これが接眼部まわりの画像。ロボ取り付けの準備も中途半端にしてある。
わっかが多くてこれだけで4・5センチは食われている。
ドローチューブの繰り出し量はわずか0.5ミリ。

実際には、M57からM42Tネジへの変換リングは
ボーグのわっか2枚を連結している。
実はM57からM42Tネジへの特注リングを製作依頼中であり、
わっかが1枚減る予定なので問題なくレデューサありでもピントは出る。
ただし、これはカラーCCDのためにフィルターホイールがなくて済むためで
モノクロCCDだと、レデューサとAO−7ありではこの方式ではダメだ。

モノクロCCDでフィルターホイールをつけている場合の接続方法としては
標準の2インチホルダー
    ↓
誠報社の0.87レデューサの2インチ−M42Tネジ
    ↓
AO−7+CFW+STカメラ
のパターンでピントは出るだろうと思う。

投稿時間 : 00:01 個別ページ表示 | コメント (0)

2006年4月12日
 ■ VC200L キタ━━━━(・∀・)━━━━!!!!

VC200L_1.jpg
水面下で動いていたのが鏡筒だけ先に到着。
(すみませんね、グレーテルさん)
重量はFSQとほぼ似たような重さで何とかEM10にも搭載が可能。
(ファインダーは基準星を導入してから外せば重量的にはなんとかなる)

VC200L_2.jpg
旧型はよく知らないけど、スパイダーの形状とか変更されているようだがそれでも太い。
ネジ部には遮光シートを張りたくなるし、塗装もいい加減だし、まあ仕方がないね。

投稿時間 : 00:01 個別ページ表示 | コメント (4)

2006年4月11日
 ■ ステラ5、いつのまにか

アップデートされとります。
フォトショップCS2での(ステラ5で保存した)TIFF画像の不具合が解決されとります。
てっきりCS→CS2で厳密に解釈したためにそうなったのかと思っとりました。
しかし、ステラ5で解決してくれたのはありがたいことであります。
かといってソフトの入換え(CS→CS2)も面倒なのであります。
今度ヒマな時にじっくりやるであります。

投稿時間 : 00:01 個別ページ表示 | コメント (2)

2006年4月10日
 ■ 今月分の作品化

M57IC1296_2.jpg
M57&IC1296

N4565_2.jpg
NGC4565
M64_2.jpg
M64

投稿時間 : 00:01 個別ページ表示 | コメント (4)

2006年4月 9日
 ■ 今月の応募

oubo3.jpg
カメラのキタムラでデジタルプリントしてきた今月分の応募作品。

1.NGC4565
2.M64
3.M57+IC1296

天候が悪い中で3つも作品が撮れたのはありがたいことです。

投稿時間 : 00:01 個別ページ表示 | コメント (0)

2006年4月 5日
 ■ 水面下でいろいろと

遠征用に軽くて焦点距離の長いものを物色中。

実は今年の1月に愛知県の山奥まで遠征したが、
時期的に小さい系外銀河ばかりの季節だったため、
FSQ+ST2000XCMでは撮像対象が限られてしまった。
また、この組み合わせでは、撮像してもそこそこ写ってくれるのだが
ベストの組み合わせでは無い。
ST−2000XCMは長焦点(だと反射になるが)の鏡筒との相性がいいようだ。

そこで、EM10にも搭載可能な20センチクラスは、C8かVCしかない。
C8でもいいのだけど、某氏がミラーシフトはいやだというので主鏡固定の
あれでいろいろと画策をしている。

投稿時間 : 00:01 個別ページ表示 | コメント (15)

2006年4月 3日
 ■ 月天5月号の表紙

getten200605.jpg
やっと購入してきました。
表紙採用はありがたいことですが、銀河の中心部のみでかく掲載されまして
画像の荒れが出ております。
こんなにでかくしなくても、もう少し周辺部も入れて欲しかったかなあ。
銀河の南(下部)の暗黒帯とキャプションが重ならないように配慮してくれたのには
感謝しております。

M63、再度掲載↓
M63b.jpg

投稿時間 : 00:01 個別ページ表示 | コメント (6)

2006年4月 2日
 ■ M64 何か変だな

M64.jpg
FRC300RD(F5.9) ST-2000XCM + AO-7 20分x12枚
(全体像を見るには、コメントをクリックして下さい)

昨晩頑張ったンですがね、透明度が悪くて悪くて条件はよくなかったので
4時間コース(20分x12枚)。
カラーCCDのせいかどうかはわからんですが、色合いが変だと思う。

投稿時間 : 00:01 個別ページ表示 | コメント (4)

2006年4月 1日
 ■ NGC3628 だめだわ

NGC3628.jpg
NGC3628 左上に小惑星が通過しているようだ。
FRC300RD(F5.9) ST-2000XCM + AO-7 20分x4枚

晴れてはいるが、透明度が悪くてもやっとした空。
やっと2等星が見える程度。
肩慣らしに撮像した NGC3628 この悪い空と4枚程度じゃ全くダメ。
5枚目でガイド星を見失ってしまった。
MaxImDL は CCDSOFT と違ってガイド星を見失っても暴走しないのがいい。

NGC3628は深追いせずに捨てて、M64に切り替えようかな。

投稿時間 : 00:01 個別ページ表示 | コメント (0)