選定ミスだったか、ガイドカメラ

| コメント(2) | トラックバック(0)

20220120.jpg
OAG-Lは、従来品に比べてプリズムが大きい。
ASI120MMminiのチップ面積は、OAGの光学面面積の約1/4でしかない。
ここは、チップ面積の大きいASI174MMminiにすべきだったか。
これは現物を直接確認できなかったのが原因だが、通販じゃ仕方がない。
そもそもOAG-68を前提にしており、ASI120MMで十分という思いもあった。

チップ面積が大きければ、ガイド星の選択肢も増えるので
撮影面での自由度が高くなり有利になる。
ASI174MMを買えば済む話ではあるが、戦う前から負けた気分だ。
このままASI120MMでやってみるけどな。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://pikachu.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1565

コメント(2)

こんにちは。
私は逆に、「なんで最初からこれを出してくれなかったんだ。」と、狭く丸いFOVの174画像を見ながら感じています。(笑
ガイドカメラは、スターライト・エクスプレスのウルトラスターが良さそうに思っているんですが、冷却CMOSカメラ以上に高価なので、手が出ません。PHDでダークを引いて使うと、もっとクリーンな画像になるのでは?と思うのです。

n2068ddさん、おはようございます。
最初からASI174を無理やり買っておけばよかったかと後悔しています。
なかなか思い通りにはいきません。

コメントする

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 7.8.2

このブログ記事について

このページは、ピカチュウが2022年1月21日 08:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「電源とUSB3.1ケーブル」です。

次のブログ記事は「APT攻略(1)カメラ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。