酒に弱くなった

| コメント(0) | トラックバック(0)

これも老化現象の現れだろうか。

酒に強い人間は、ある酵素が働く。
その酵素を働かせるためには2つの遺伝子が関係している。
2つの遺伝子が発動できる人間は酒に強い。
2つ共発動できない人間は酒が飲めない。
1つだけなら酒が飲めないわけではないが強くはない、鍛えればそこそこ飲めるという話だ。

おいらは1つだけのタイプだ。
だから酒は飲めないわけではないが強くはない。
それが最近は酒に滅法弱くなった。
ビールを少し飲んだだけですぐに酔ってしまう。
だから最近はあまり飲まない、というか飲めない。

年のせいだな。

今年で100歳になる大正生まれの(義理の)爺さんが我が家にいる。
毎日酒を1号飲む。
足腰は弱っているが元気だ。
まあ酒を飲める状況にある間は元気だ。
酒に強い100歳の爺さんは偉大だな。
それに比べれば酒に弱いおいらはダメ人間だわ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://pikachu.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/388

コメントする

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2

このブログ記事について

このページは、ピカチュウが2017年1月13日 08:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「堕落人間製造機」です。

次のブログ記事は「」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。