こんにゃくに悩む

| コメント(2) | トラックバック(0)

ファントム使いの人々がよく使う「こんにゃく」という現象がある。
これは、撮影した映像がぐにゃりと見えるように映っている現象のことで、
正式には「ローリングシャッター現象」というものらしい。

CMOSカメラで、高速シャッターで、高速の動きのあるものを撮影するとこの現象が起こる。

実はこの「こんにゃく」現象に悩んでいる。
最初はカメラが悪いのかジンバルが悪いのかと思っていたが、
調べてみるとCMOSカメラの「ローリングシャッター現象」に行きついた。

原因がわかれば対策も立てられる。
一般的にはシャッター速度を1/60以下に下げればいいらしい。
具体的には、ISO感度を下げるとか、NDフィルターを付ける。

実はNDフィルターは手元にあるのでこれを取り付ければいい。
今度の週末にでもNDフィルターを付けてテストしてみよう。
(予報では雪らしいが)

道理でYoutubeとかで黒っぽいフィルターを付けている人がいたのはそういうことだったのか。

NDフィルターは買ったけど使い道がないなと思っていたが、
実は重要なものだったとは全然知らなかったよ、、、orz

動画自体あまり経験がなかったこともあり、勉強になるなあ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://pikachu.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/176

コメント(2)

こんにちは
こちらは最近動画にはまってます。
空撮用のレンズは明るいのでNDは必須ですね。焦点距離が短いので可変NDでもいけそうな気がします。
あとスタビの関係で急激なカメラワークでこんにゃく現象が起こるようです。よっちゃんのyoutubeに一眼動画トークがありとても参考になります
https://www.youtube.com/watch?v=5cnZjSqwFjE

MIKさん、こんばんは。
帰宅して調べてみたらND2-400の可変タイプでした。
これを付けてテストしてみますね。
よっちゃんの動画トークはやけに長いので時間のある時にじっくり聞いてみます。

コメントする

このブログ記事について

このページは、ピカチュウが2016年2月26日 08:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「HDMIボードを取り付ける(3)」です。

次のブログ記事は「Phantom3 空撮 雪景色 2連発」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。