きしめんケーブルをリペア

| コメント(0) | トラックバック(0)

20191203.jpg
きしめんタイプのLANケーブルの爪が折れた。
折れたままでも使えるが抜けやすいので自力で修理した。
きしめんタイプは、中の信号線がケーブル被膜に埋もれているので加工が難しい。
カッターで薄く削りながら信号線を分離する。
これができればあとは圧着するだけで簡単だ。

と思ったが、信号線の並び順序がいくつかクロスしているので難儀した。
並び順序を正しくして圧着して作業は完了。
動作確認も問題なし。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://pikachu.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1021

コメントする

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2

このブログ記事について

このページは、ピカチュウが2019年12月 3日 08:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「PX-W3U4 ドロップ問題」です。

次のブログ記事は「Zenfone5z と Zenfone6」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。