Nexus5 (2)

| コメント(0) | トラックバック(0)

セルスタ問題、何とかして解決したい。

一番簡単なのは、通話機能かSMS機能付きの契約に変更することだが、お金がかかる。
1回の支払いで済むならまだしも毎月課金されてしまう。
使わないのに料金がかかるのは気分的によろしくない。

いろいろ調べてみると、手間暇はかかるが何とかなりそうな情報があった。
但し、端末をアンロック化、ルート化する必要がある。
下手すれば保証はなくなるし壊れても自己責任で、ということだが、
リスクはあえてとろう。

具体的には、最終的に「Datasim_Patcher」をインストールすることで、セルスタ問題は解決する。

1.端末のアンロック化
 ADBが動作するPCを用意しUSBケーブルで接続
 端末をBootLoaderで起動し、PCからアンロックコマンドをたたく
 データは初期化されるが、これでアンロックは完了
2.端末のルート化
 必要なファイルをいくつか用意する
 端末には「SuperSU」最新版を送り込んで置き、/sdcard/直下に配置
 カスタムリカバリ(TWRP)をPCにダウンロードし起動、端末はBootLoaderから起動
  現在のROMのバックアップ
   リカバリを起動してから一旦ワイプし、まっさらな状態のバックアップを取る
 カスタムリカバリ(TWRP)でroot化ファイルをインストール
 ここでまた端末のデータが初期化される
 端末を普通に起動し、アプリに「SU」があること、「SU」を起動してルート化を確認
3.Xposedのインストール
 これ自体はインストールはすぐに終わるが、フレームワークがないということで悩む
 マシュマロになってからやり方が変わった
 必要なモジュールを探してきて端末に送り込み、カスタムリカバリ(TWRP)を使ってインストール
 (古い情報はいっぱいあるがマシュマロは情報が少ない)
4.Datasim Patcherのインストール
 これもインストールは簡単だが、
 Xposedに登録して動かすという形になる

ということを悩みながらやって、やっと何とかなった。

20160725.jpg

セルスタンバイが若干バッテリを消費するが、以前ほどではなくなりほとんど無視できるレベル
Zenfone2Laserはバッテリの持ちが非常に優れておりこんなに悩む必要は全くなかった。
Nexus5はすぐにバッテリが減ってしまう。
セルスタ問題は解決したが、未使用状態のバッテリ持ちがよくなったというだけで
使用するとどんどんバッテリが減って来る。

ポケモンGOとかやるとすぐにバッテリが減る。
(これはポケモンGOが馬鹿食いなだけで、ポケモンGOしなければバッテリはかなり持つ)

やはり中古とはいえ、2・3年前の端末は良くないわ。
2年前のハイエンド機種ではなく(少し値段が高くても)最新の中級機を買う方が余程いいと思う。
今更文句言っても遅いのだけどね。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://pikachu.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/276

コメントする

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2

このブログ記事について

このページは、ピカチュウが2016年7月25日 08:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Nexus5」です。

次のブログ記事は「Nexus5 (3)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。