ドローン空撮は面白い

| コメント(0) | トラックバック(0)

20160122.jpg

ファントム3の初期不良には参ったが、修理後は順調に飛行できている。
何回か撮影もこなしてきて、何となく面白みも分かってきた。

それで問題なのは、空撮にいいポイントを探しているがなかなか絵になる場所は少ない。
県外遠征でもいいが、やはり地元でいい場所があったらそこで撮影したい。
毎晩タブレットで地図とにらめっこしながら次回の撮影場所を探している。

ファントム3をある程度使ってみて思ったのだが、
1.飛行距離はある程度必要
 100mや200mでは全然物足りない。
 ファントム3はかなり遠くまで飛ばす能力があるので助かっている。
2.撮影中は常に動かす
 静止している状態は動きがなくてつまらない。
 飛行テクを磨いて、滑らかな動きや変化に富んだ動きで撮影すべきだな。
3.季節感を出せるように
 今は冬だが、冬だからこそ雪景色とかの風景を撮影ポイントに活かすようにする。
4.安全には注意
 当然のことではある。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://pikachu.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/152

コメントする

このブログ記事について

このページは、ピカチュウが2016年1月22日 08:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「とうとうモバイル用通信SIMを購入」です。

次のブログ記事は「Phantom3 空撮 常神半島(福井県若狭)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。